市民祭の売上の一部を「松本市炊き出し隊 みらい」に募金しました

歩行者天国でイベントを行った11/3の市民祭では、たくさんの方にお越し頂き、有り難うございました。

前回のお知らせに記載した通り、売上の一部を台風19号による被害のチャリティとしましたが、金額は計31,971円となり、プロの料理人たちの災害ボランティア団体「松本市炊き出し隊 みらい」さんの活動資金に使って頂くよう、お渡ししました。

「みらい」さんは、長野市の被災地に毎週通い、「プロの美味しい料理を食べて元気を出して欲しい」という趣旨で自費で活動しておられます。

当分の間毎週金曜と、大晦日にも行かれます。食材の皮むきやできた料理を届けに行くような、プロでなく体力が無くてもできるボランティアも必要だそうです。また、現地は泥だらけなので、石鹸が不足しているそうです。
Twitter  でも情報発信されているので、参加や石鹸や食材を提供できる方はごらんください。