2019.07.31  

ヨガレッスン

催し物


奥の2階では、ヨガのお教室が開かれています。
インストラクターは、降幡佳枝さんです。
参加料は、初回1,000円、2回目からは1,500円です。
8月の予定は、4,11,28日の午前10:30~11:30と21日の午後7:00~8:00に開催です。
ヨガが初めての方、体が硬いことで不安に思っている方も安心して、どうぞお気軽にお問い合わせください。
完全予約制のお教室です。



2019.07.29  

手づくりブラウスの展示会

催し物

31日まで、DEARMOSディアモスさんによる「手づくりブラウスの展示会」が開催されています。

海外の方にも喜ばれそうな富士山のシャツ


文化服装学院で学ばれたディアモスさん。ご自身が好きなシャツやブラウスを専門に、制作されています。
柄物のアイテムが多く、着る方が若々しく見えるように、そして「どんな人が着てくれるかな~」と思いを膨らませて、手を動かすそうです。

普段は制作ですが、楽しみながらお客様に似合うものをアドバイスされています


メンズは、オープンカラーとシャツカラーがあり、サイズはMから4Lまで。
レディースは、やからかい素材のブラウスもあり、Mから3Lまでそろっています。


生地もしっかりしていて、丁寧な縫製なので、ホームクリーニングでお手入れできます。
暑い季節ですので、少し派手な柄ものも、夏らしい装いですね。



2019.07.28  

呉服の展示会【京屋呉服店】

催し物

今日、明日の二日間、離れ一階で京屋呉服店さんの年に一度の半額大バーゲンが開催されています。



帯、小物、お着物の購入をお考えになられている方は必見です。



2019.07.27  

振袖展示会

催し物

明日まで、オンディーヌ長野店さんによる「振袖フェスティバル」が開催されています。

モダンなデザインから、古典柄まで、本当に種類や、サイズ、そして小物が豊富!!女子大生の「着たい振袖」の意見から出来上がった振袖もあります。
振袖は、見ているだけでもテンションがあがりますね。
今回、松本限定で、九重という、どこかレトロで、流行の大柄なデザインが紹介されています。こちらは、成人を迎えるお嬢さんにも、お母様にも好まれるデザインです。

松本限定 モダンレトロな九重


タレントのミチョパさんデザイン


レンタルはもちろん、購入される方も増えて、成人式で着た思い出の振袖を、袴をプラスして卒業式に。そして、小物をかえて結婚式にと、イベントを重ねて大切な一着にしていくのも素敵です。また「お母様の着物を私も」という方も多く、気軽に持ち込んで、サイズや小物についても相談できます。

人気の緑地


小物も沢山の中から選べます



2019.07.20  

骨董祭

催し物

明日まで、アラジンのランプ長野店さんによる「第3回古民具・骨董・着物縁日!!in松本」が開催されています。

骨董のプロ10名による合同展です。テレビ番組の影響も大きく、古き良き物に、興味を持たれる方も増えていますね。

新しくて便利なものも、もちろん良いのですが、古いものをお手入れして、ともに時間を重ねていく。人の手で、そだてられたものは、温かみが感じられます。
着物や器、人形など、ジャンルは、さまざま!迷路を進むように、お目当ての品を探してみてください。



2019.07.13  

写真展

催し物

離れ2階では、GASHA雅舎さんによる「ふるいあかり4展~あかり、あかく~」が、15日まで開かれています。国宝指定で話題の旧開智学校脇にある旧司祭館のあかりの写真が、紹介されています。写真であることを忘れてしまうような、あたたかなふるい、そして、気持ちに寄り添うあかりです。

入口には、リアルあかりです。粋なはからい!


当館での写真展も、3回目を迎えました。1年前の展示会後、21年住み慣れた松本を離れ、終の棲家として高遠に、生活のシーンを移された雅舎 丘もとまさ志さん。
自宅は「自分の手で」との思いから、究極の作品”家”の製作に没頭されています。家造りにむきあうなか、物づくりに対する思いや、距離ができた松本の良さを再認識した思いが、今回の展示会にこめられています。炉縁に漆をほどこした額装、版画紙をベンカラで染めたあかり。思いがこめられた手作業が、作品をバックアップしてくれます。

漆をほどこした炉縁は趣があります


気分、季節に応じて、作品シートを交換できます。マグネット式


旧司祭館の扉も設置!こだわりの作品


ふるいあかりと向き合い、静かな自分の時間を楽しむことができます。