2018.10.06  

竹の工芸品の展示会

催し物

竹下賢一さんによる「竹の工芸品と暮らす 2018」が、8日まで開催されています。

「美しい暮らし」をコンセプトにした竹下さんの展示会も今年で、11回目を迎えました。年に一度の、この展示会を楽しみにしている方も沢山いらっしゃいますね。
今回は、再生可能な竹を素材とする40点の工芸品が紹介されています。団扇、櫛、おろし器など、身近なものにも、沢山の竹製品がある事を改めて認識しました。

使い込むほどに、あめ色の艶も美しく、使い心地もよくなりますね。

なんとも心地よい空間です


竹下さんのごあいさつの結びの言葉です。
「美しい心から生まれた美しい器を用いる美しい暮らし」



2018.10.06  

「暮らしを愉しむ」展

催し物

2階では、山内琢磨さんによる「暮らしを愉しむ」をコンセプトにした雑貨・器・小物・ステーショナリーの展示が、8日まで開かれています。

みずべりんさんのイラストのオリジナル切手が、目をひきます。メールを一休みして、ステキな切手やカードでメッセージを送ると、温かな思いも伝わりますね。

切手とメッセージカード2枚セット


好きなもの、大切なものに囲まれた毎日を愉しむ暮らしは、みんなの憧れ。日常こそが、幸せで、丁寧に時間を積み重ねていきたいなぁと思います。
みずべりんさんの幼少期を綴った「みずべりんの八つの物語」は、八つのエピソードにちなんだ作品が展示され、優しい空気にほっこりです。



2018.10.06  

アクセサリーの展示会

催し物

8日まで、彫金作家Himeさんによる「天然石とシルバーで作ったアクセサリーの展示会」が開かれています。

タートルネックにあわせやすいチョーカータイプや、シンプルなチュニックと相性の良い大ぶりのネックレスなど、デザインも豊富です。

ターコイズ、オニキス、琥珀、ブルートパーズなど、石の種類もさまざま。色々、試したくなりますね。
一目ぼれして出会うものもあれば、お話を聞いて、石のもつ意味やパワーを感じながら身につけるアクセサリーもお守りのようで、特別感がありますね。





2018.10.04  

秋から冬へ おしゃれな手あみ展【華工房】

催し物


今日から7日まで、華工房さんの手編みニット展開催です。
今回お進めデザインのニットです。
濃紺なので、どんなお洋服にもあいそうですね。

秋を思わせる色のニット達です。


手編の帽子や手袋は、温かさが違いますよね。



2018.10.03  

手作りバッグの展示会

催し物

8日まで、南青山バッグ工房さんの展示会が開かれています。

内布が、おしゃれ


人気のショルダーバッグは、色の展開も豊富!鏡にあわせてみると、意外な色が似合ったりします。
差し色にしたり、馴染ませるコーディネートにしたり・・バッグや靴は、おしゃれの重要なポイントですね。
今冬、流行といわれているアニマルプリントのバッグは、クチは大きくても、付属のポーチがあるので貴重品も安心です。

アニマルプリントもバッグからは、挑戦しやすいですね


ポーチつき


南青山さんのバッグは、デザインはもちろん、使い手の意見を取り入れたバッグを提供してくれます。

今月は、19日~21日、26日~28日にも、展示会の予定です。