第9回蔵の夕べ~新春 箏(こと)とヴァイオリンの響き【蔵シック館主催】

会期:1月19日(土曜日)
会場:母屋(2号館)

出演者

  • こと 山田流箏曲 白澤 美智
  • ヴァイオリン 牛山 孝介

曲目

  • 宮城道雄「春の海」
  • 一青 窈「ハナミズキ」
  • 「沙羅の花」
  • の日の遊び」 など

入場料

500円

「蔵の夕べ」は

ミニコンサートを蔵シック館で定期的に行い、街の人通りが減る夕刻に市民の方に市街地に来て頂くことと、観光客にも楽しめる場を提供したい!という目的で始めました。地元のミュージシャンの活動の場を提供することにもなればと思います。「楽都松本」らしい音楽や珍しい楽器の演奏などをお楽しみ下さい。

毎回好評のイベントの9回目は、新春にぴったりのお箏(琴)の演奏+ヴァイオリンのコラボレーションです!
東京芸術大学で学ばれた白澤さんの邦楽とオーケストラで首席奏者を務める牛山さんの洋楽が、蔵の建物で奏でる新春のハーモニーを、ぜひ聴きにいらしてください。

チラシは下記をクリックしてご覧になれます。
ヴァイオリン奏者は、予定されていた巣山のえさんから牛山孝介さんに変更になりました。

ページの先頭へ