2018.05.09  

工芸の五月 蔵フトセレクション2018 25日(金)~27日(日)開催!

お知らせ

新緑が、眩しい季節となりました。
松本の街は「工芸の五月」をむかえ、いってみたい展示会や、イベントが盛り沢山!
当館でも、好評をいただいている「蔵フトセレクション2018」を開催いたします。
あがたの森で開催される「クラフトフェアまつもと」より一日早く、5月25日(金)から3日間です。
25日(金)9:00~18:00
26日(土)9:00~18:00 
27日(日)9:00~17:30
出展者は、小川摩利子さん(藍染)、奥原光博さん(革製品)、黒石ゆう子さん(天然石シルバーアクセサリー)、
黒岩裕美子さん(帽子)、清水正廣さん(バードカービング)、鈴木裕さん(木工)、手塚美弥さん(陶芸)、
並木さえさん(木工細工・ぶどうつる細工)、中屋忠士さん(古布創作)、西川豊重さん(手編みのオリジナルバッグ)
10名の作り手が、みなさまのご来館をお待ちしています。

遊びにきてね



2018.05.03  

草木染・手織のマフラー・ストール展

催し物

和室では6日まで、種まく人工房さんによる「五月の光マフラーストール展」が開かれています。

タイトルの通り、五月晴れに恵まれ、若葉がまぶしい休日です。
涼しげな麻素材のストールはもちろん、通年人気のウール・シルクの新作も展示されています。

中庭側には、のれんが涼しげに・・


やさしい色合いから、元気をもらえるビタミンカラーまで、染めについてのお話もうかがえます。

今年も種まく人は、元気いっぱい


おしゃれの定番アイテムになったストール。巻き方をアレンジして、より個性的に使いこなしたいですね。



2018.04.28  

木工三人展

催し物

土間と和室では、浅村治利さん、横澤孝明さん、松山ちえみさんによる木工展が、5/6まで開かれています。

会館を入ると、木の香りが心地よ~い!

横澤孝明作


観光のお客様も、並んだ椅子に腰をおろし、座り心地や、木の質感を楽しんでいます。

松山ちえみ作

家具は生活を共に過ごすパートナー。
じっくり選んで、次の世代に譲っていけたら、あたたかな歴史が、きざまれますね。

浅村治利作


オーダーの相談もできますので、気軽に声を掛けてくださいね。



2018.04.28  

春の器展

催し物

5/6まで、工房ととかさんよる「春の器展」が開催されています。

毎年同時期に、当館で個展を開かれるととかさん。
花器に生けられたお花が、毎年春の便りを届けてくれます。
今回の展示では、黒い器が目をひきます。

お話をうかがうと「黒は、お料理がとても映える器です。すべて黒で揃えなくても、アクセントとして使ってみてね」とアドバイス頂きました。
今日の夕ご飯から、早速取り入れようと思います。

毎回人気の、丸い掛け花入れには、やまぶきの花が揺れています。



2018.04.28  

木の匙と籠とねこはんてんの展示会

催し物

明日まで、奥の和室では、展示会「木の匙と籠とねこはんてんと」が開かれています。
ギャラリー蝸牛さんと、木工の金城貴史さんによる合同展です。
入口の看板もセンスがひかります!

会場の奥の和室が、木と竹の作品によってステキな空間になりました。

蝸牛さんでは、当館にて「竹のかごを編む教室」を開催されている飯島さんの作品も紹介されています。
飯島さんの手によって編まれた竹の作品は、使い込むほどに艶と色が、美しく変化します。

編み目の美しい香合


金城さんの木の匙は、手ざわりそして口にいれた時の舌触りもよく、テーブルセッティングも楽しくなりそうです。

サイズや素材もいろいろ


丁寧につくられた物を大切に使い、ゆたかな日々を重ねて生きたいな~と、



2018.04.28  

天然石とシルバーで作ったアクセサリーの展示

催し物

彫金作家Himeさんによる作品展が、5/6まで開催されています。

デザインすることが大好きなHimeさん!今回もステキな新作がいっぱいです。
オメガチェーンに、好みのペンダントトップをあわせる作品は、胸元を華やかに演出してくれますね。

オメガチェーンにお気に入りのトップを合わせて


手持ちのチェーンから、付け替えるだけで、印象が変わります。

ネコちゃんのピアスはシッポがユラユラ~


最近注目のバングルも、半袖になるこれからの季節に、チャレンジしたいアイテムですね。
涼しげなバングルも展示されていて、ステキ!